募集人資格

なぜ、資格が必要なのか?

自動車の保険を取り扱うのになぜ募集人が必要なのでしょうか?

 

このような疑問を持った方は、いませんか?なぜ、保険の販売を行うのに募集資格が必要なのかを説明します。

 

現代は、色んな環境の変化があります。

 

その環境の変化にうまく対応していかなくてはいけません。

 

募集人資格と環境の変化に関係があります。

 

保険会社や代理店では、会社の中での体制の強化を図っています。

 

この資格は、5年ごとの更新の試験があります。

 

なぜ、5年ごとに更新の試験があるのかと言うと法律が改定されることがあります。

 

その法律の改定に基づいて、保険の法律の分野についての知識がまた違ってくるため古い知識ではなく新しい知識を取り込むことが必要になってきます。

 

また、保険業務はお客さんの大事な情報を預かることになります。

 

これは、個人情報になりますのでこのような大事な情報や契約書の管理を怠ることは許されません。

 

このように保険業務は、重大な責任があります。

 

また、保険業務は専門知識がないといけません。

 

お客さんから説明を求められたら説明を明確にしなければいけません。

 

また、保険を契約する時には必ず口頭説明が必要になるため専門知識がないと出来ないことはお分かりだと思います。

 

また、募集人資格は、2つの試験を通過しないと正式に保険の募集ができません。

 

自動車なら、基礎単位と自動車単位の2つが必要です。

 

自動車以外の保険を取り扱う会社でも基礎単位は、必ず必要です。