募集人資格

募集人資格について

自動車保険を契約する会社側には、保険の募集人資格が必要です。

 

これは、自賠責、任意保険を問いません。

 

では、募集人資格の始まりを説明します。

 

14世紀、イタリアで、航海が失敗した時には金融業者にお金を支払うシステムを導入していました。

 

また、航海が成功した時には、金融業者に手数料を支払うというシステムから海上保険が始まったと言われています。

 

また、日本では明治から大正の間に日本の自動車の任意保険が開始されました。

 

今みたいに保険の補償が充実はしていませんでしたがこの頃から日本では任意保険の始まりと言われています。

 

では、どんな仕事を行っているのか見ていきましょう。

 

損害保険の募集人は、保険会社や代理店に配属されることでお客さんの保険のサポートや保険の販売を行います。

 

損害保険の募集人は、自動車保険の他に盗難保険や火災保険があります。

 

ここでは、自動車保険について詳しく説明をします。

 

損害保険の募集人の仕事をもっと詳しく見てみましょう。

 

自分の会社で、取り扱う保険の販売や保険契約に関する説明、勧誘を行います。

 

また、契約後の契約の変更や解約の手続きを行ってくれます。

 

また、事故が起きた時のサポートにも対応してくれます。

 

保険の契約を交わすときには、必ず契約内容についての説明が保険会社には義務付けされています。

 

なぜ、説明を行わないといけないのかと言うと保険には大切なことがあります。

 

その大切なことを見落としていると後で、トラブルにつながります。

 

そのため契約時には、説明しないといけません。