自動車保険

どのようにして、自動車保険が発達したのか?

自動車の任意保険は、思ってもいなかったトラブルや事故が起きた時に役に立ちます。

 

今では、保険会社もロードサービスが受けられますが昔はロードサービスが受けられませんでした。

 

保険会社は、どのようにしてここまで発達してきたのかを説明していきます。

 

日本では、19世紀終わりに自動車が普及するようになりました。

 

これが日本で、自動車保険が展開されるようになりました。

 

最初は、物損のみしか補償されませんでしたが今では人身、物損、搭乗者、自損、対物と言ったいろんなものが補償対象になりました。

 

これは、ドライバーの意見を聞いてここまで発達してきたと思います。

 

日本で、明治、大正と言えば資本主義の確立や産業革命が起きた時代と言われています。

 

このように保険会社も時代に乗って、ここまで発達してきていると思います。

 

この時代に日本では、株価の暴落が続きました。

 

それに伴って、収入が減り自動車の保険料の支払いが困難な家庭も出てきました。

 

支払いができなくなってしまったため、保険金の滞納するようになりました。

 

保険金の滞納が一時期、社会問題となりました。

 

これは、不景気になっただけでなく保険が複雑なシステムになってしまったためユーザーも混乱を起こしてしまいました。

 

このようなトラブルをなくすために料金表の提示を行う事や、インターネットによる料金のシミュレーションで保険金の支払いが明確になっています。

 

今の保険会社のサービスは、トラブルを避けるためにこのようなものを設けることでわかりやすく提示されています。