自動車保険

任意保険の歴史

日本では、大正2年から自動車の任意保険が設立されました。

 

それは、20世紀初めに輸入車が増えたことで任意保険が設立されました。

 

その当時は、現代のように補償がそんなに豊富ではありませんでした。

 

では、何が補償されたのでしょうか?それは、物損保険です。

 

これが任意保険の始まりです。

 

そして、第二次世界大戦が終わると大衆車、要するに高級車ではない車が普及するようになったため1951年には、自賠責保険の加入義務が開始されました。

 

その後にさらに自動車の普及が進みました。

 

この頃の日本は、高度経済成長期と言われている時代です。

 

日本において、最も景気が良くなったころです。

 

この頃に車の普及がさらに進みました。

 

それに伴い保険会社の加入率が増えていきました。

 

そして、1988年には保険の自由化となりました。

 

この自由化によって、さらに補償の幅が広がりました。

 

自由化によって、さらに色んなものが補償されていくようになりました。

 

それによって、ユーザーも何かあった時のために加入するようになりました。

 

この自由化によって、通販やネット販売が開始されるようになりました。

 

そして、それに伴って外資系の保険会社も日本においても販売を開始するようになりました。

 

任意保険は、自賠責保険より昔から開始されました。

 

そして、法律がちょっとずつ緩くなるようになったため色んな保険会社が現れるようになりました。

 

これは、車の所有台数が増えたためといわれています。