自動車保険の歴史

自動車保険の歴史記事一覧

自賠責保険の歴史

自動車保険の自賠責保険は、1955年の自動車賠償補償法という法律が国会で可決されて自賠責保険が施行されました。この法律が設立された目的は、交通事故によって被害にあわれた方のための救済措置として設立されました。この法律が設立されたことによって、交通事故を起こした加害者を通さずに保険金の受け取りができる...

≫続きを読む

任意保険の歴史

日本では、大正2年から自動車の任意保険が設立されました。それは、20世紀初めに輸入車が増えたことで任意保険が設立されました。その当時は、現代のように補償がそんなに豊富ではありませんでした。では、何が補償されたのでしょうか?それは、物損保険です。これが任意保険の始まりです。そして、第二次世界大戦が終わ...

≫続きを読む

日本最初の保険会社

東京海上日動が日本で最初の自動車保険会社といわれています。以前までは、三菱財閥のグループとして日本の経済を支えてきました。ですが、終戦後に財閥が解体されることになってしまいました。その後は、三菱グループの傘下に入りました。今は、ミレアホールディングスの傘下に入っています。では、この保険会社がどのよう...

≫続きを読む

どのようにして、自動車保険が発達したのか?

自動車の任意保険は、思ってもいなかったトラブルや事故が起きた時に役に立ちます。今では、保険会社もロードサービスが受けられますが昔はロードサービスが受けられませんでした。保険会社は、どのようにしてここまで発達してきたのかを説明していきます。日本では、19世紀終わりに自動車が普及するようになりました。こ...

≫続きを読む