車両保険

車両保険について

自動車の車両保険については、先程の対物賠償保険の記事で軽く説明をしましたがもっと詳しく説明をしていきたいと思います。

 

まず車両保険は、どういった補償内容になるのかを見ていきたいと思います。

 

車両保険とは、事故を起こした時や事故に巻き込まれた時に車の修理代金が補償されます。

 

自動車保険の目的は、事故を起こしてしまった時の救済措置になるため車の修理代金、ご自身や身の回りの方の命が補償されないと意味がありませんよね。

 

例えば、中古車で安い車を購入した時に修理代が買った時の値段を上回ると買い換えたほうがいいのかもしれませんが高級車を新車で購入された場合修理代金が高いですよね。

 

修理代金が高いと出費がきついと思います。

 

そんな時に車両保険に加入しているとその修理代金が補償されます。

 

もし、修理が不可能なら事故が起きる前の状態の値段で補償されます。

 

先程、述べたことはよくトラブルが起きやすいことはご存じですか?なんで修理不可なのに車の新車値段を補償してくれるのでは?と思いませんか。

 

それは仕組みがありまして修理不可の車を新品の補償金額を支払っていると保険会社も回らなくなります。

 

そのため、事故が起きた時の状態、事故を起こす前の車の価値で保険金額が決まってしまいます。

 

車両保険に加入する時の注意点を言っておきます。

 

翌年から車両保険に加入すると保険料金が上がります。

 

また、等級も下がってしますので注意してください。