対物賠償保険

対物賠償保険について

自動車の対物賠償保険は、過失の割合で保険金額が異なることはお分かりだと思います。

 

対人賠償保険と同じ考えで、保険金の支払いが行われると考えてももらってもいいです。

 

支払いの対象となる物は、相手に損失を与えたものなどが対象になります。

 

ただし、ご自身の物などは保険の対象にはなりません。

 

保険の対象外となる物もあります。

 

それは、配偶者、配偶者の子供、父母、記名保険者(事業の雇主が当てはまります)の方たちは対象外となります。

 

また、対物賠償保険は飲酒運転していた場合でも補償がされることになっています。

 

対物賠償保険は、物だけでなく営業などの損失も補償されることになります。

 

例えば、車で踏切の中に閉じ込められた場合とんでもない金額が請求されます。

 

その請求金額が一般家庭では、支払いが可能でしょうか?よっぽどでない限り支払いは、無理だと思います。

 

また、交通事故で道が一時閉鎖されることもあります。

 

このような道が閉鎖された場合の損害も請求されることもあります。

 

これもとんでもない金額が請求されることもありますので、対物賠償保険には、加入しておくことが望ましいと思います。

 

先程、ご自身の身の回りの物は補償されませんと言いましたが別の保険のプランに加入することでご自身の身の回りの物や事故した車の修理代がおりることもあります。

 

そのことは、別の記事で、詳しく紹介しますが軽く紹介しておきます。

 

車両保険に加入しておくとご自身の車の修理代金が支払われることがあります。