搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険について

自動車の搭乗者保険は、ちゃんとした乗り方をしていないと保険金がおりないことがあります。

 

例えば、シートベルトをしていない時やトラックなどの荷台に乗り込んでいた時や車から顔を出していた時には、保険金が支払われません。

 

普通の乗り方をしていて、事故が起きた時には搭乗者保険は有効になります。

 

では、搭乗者保険の範囲と補償される金額や範囲を見ていきたいと思います。

 

まず、保険金の支払い方法には、2パターンあります。

 

1つ目が日数払いです。

 

1日にかかった通院費や入院費をその日に支払ってくれる方法ともう1つが怪我をした箇所ごとの支払い部位症状別支払いの2つがあります。

 

1つ目の支払い期限ですが怪我や入院してから怪我が完治するまで補償がされます。

 

要するに普段の生活に過ごせるようになるまで保険金が支払われます。

 

2つ目の支払い方法は、決められた金額が支払われます。

 

例えば骨折が10万円、足の打撲が5万円というように怪我の箇所により金額が支払われます。

 

この2つともがメリットとデメリットが存在しますので、どちらがいいとは言えません。

 

では、日数払いのメリットは怪我が重度な時支払われる金額が多くなります。

 

デメリットは、日数払いのため金額が把握しきれないところです。

 

もう1つの部位症状別払いのメリットは、支払い金額がはっきりと明確にわかるためどれだけの金額が支給されるかがわかることです。

 

デメリットは、怪我の治療が長引くと日数払いと比べると支給される金額が少なくなってしまう事です。