人身傷害保険

人身傷害保険について

自動車保険の人身傷害保険について、どんな時に補償されるのかご説明します。

 

人身傷害保険は、人身事故が起きた時に補償されます。

 

人身事故が起きた時、過失の割合に関係なく補償されることになっています。

 

人身傷害保険は、ご自身の過失分も含めて補償されます。

 

また、加害者の交渉する前に保険金を支払われることもあります。

 

ただし、相手側から受け取った保険金は含まれません。

 

交渉される前に支払いが行われますので、治療費の心配はいりません。

 

また、単独事故の場合でも補償されます。

 

物損事故の時にも補償がされることにもなります。

 

物損で、ご自身が怪我や通院、入院費用なども補償されるシステムになっています。

 

事故が起きた時の補償金額の上限金額が補償されるため、毎月の保険料は高くなっています。でも、もし事故が起きたことを考えますと加入しておいても損はしないと思います。

 

もし、加入していなくて事故が起きてしまい過失の割合で自己負担が発生すると、場合によっては何百万、何千万円の自己負担のことを考えるとぞっとしませんか?

 

なので、もしもの時を考えると加入しておいても損はしないと思います。

 

自分が過失の割合が多くてもきっちりと保険金が支払われる事になっています。

 

自分の過失が賠償保険だと8割とすると2割しか保険金が支払われません。

 

ですが人身傷害保険に加入していると上記のような過失に関係なくしっかりと保険金が支払われます。

 

事故を起こさないことがベストですが何が起きるのかわからないので、加入をしておくことをおすすめします。