自損事故保険

自損事故保険について

自動車保険の自損事故保険は、どういった時に補償されるのかご存知ですか?

 

事故を起こすと必ず人との人身事故とは、限りません。

 

人の家に突っ込んだり、電柱にぶつかったり、ガードレールなどに突っ込んだりする事故が起きているのも現実です。

 

そう言った物にぶつけたなどに補償が効くのが自損事故保険となっています。

 

また、搭乗者保険は、自賠責保険で降りるのでご安心ください。

 

自賠責保険でも金額が足りない時は、自損事故保険で保険金がおりますのでご安心ください。

 

また、物を事故で、壊してしまった時の損害も保険金で補うことができます。

 

自損事故保険は、相手側に過失がない時には、通常の保険金が降りることはありませんがこの自損事故保険で保険金がおります。

 

自損事故保険には、保険金が降りないケースもあります。

 

それは、自然災害に伴った交通事故、被保険者が故意に事故をお越した場合、無免許、飲酒運転こういった場合に事故を起こした場合には、保険金が降りないこともあることにご注意ください。

 

次に補償内容について、ご説明します。

 

補償内容ですがまず、死亡したときには、最大1500万円が支払われます。

 

次に通院、入院のケースは、通院で、一日4000円で入院が一日6000円の補償内容となっています。

 

次に重度の後遺症で介護が必要になった時の保証内容ですが、250万円、最高で350万円の補償金額になっています。

 

安全運転を心がけていても事故は、不意にいつ起こるのかわかりませんのでもしもの時に備えておきましょう。