無保険自動車傷害保険

無保険自動車傷害保険について

自動車保険の無保険自動車保険についてご説明します。

 

無保険自動車保険の補償となる範囲ですが死亡や重度な後遺症の時のみに発令されます。

 

怪我が完治して、通常の生活に戻れるときには保険対象とならないことをご注意ください。

 

自賠責保険のみ加入していれば、120万円は補償してくれますがそれ以上の金額は補償してくれません。

 

また、仕事をしている時の賃金も自賠責保険では効きませんが相手が任意保険に加入していれば、そういう補償もされるかもしれません。

 

また、車の修理代も自腹になります。

 

物への損害は、自賠責保険では、補償対象外となります。

 

では、無保険とはどういうものなのか見ていきましょう。無保険車とは、相手側が対人賠償に加入していない時に発令されます。

 

また、運転者の年齢条件が当てはまらない時やひき逃げや当て逃げにあわれた時、対人賠償には加入しているが金額が補償金額以下のため補償されない時などです。

 

中には、任意保険の対人賠償保険の加入をしていないドライバーもおられるため個人としての対策も必要になるかと思います。

 

補償金額は、対人賠償と同じ上限金額で2億円が最大で補償されることになっています。

 

事故に遭遇しないことがベストですが車を運転している以上何があるのかわかりませんので、安全運転を心がけることも大切な防止対策になると思います。

 

最大2億円が補償されると言いましたがそれは、設定上限が無制限に設定されている方のみとなっています。