対人賠償

対人賠償について

自動車保険の対人賠償について、簡単にご説明します。

 

対人賠償保険は、自賠責保険でも補償されることはもうご存知ですよね。

 

自賠責保険で、補償金額が足りない部分を任意保険の対人賠償保険が補償してくれます。

 

もし、賠償金額が自賠責保険で補う事が出来たら任意保険からの対人賠償保険が下りることはありません。

 

しかし、事故を起こすととんでもない金額が賠償されます。

 

億単位の金額が請求されることになるため自賠責保険が補償してくれる金額では足りないのでその足りない金額を任意保険が持つことになります。

 

支払い対象は、ご自身ではなくケガさせてしまった被害者に支払われます。

 

保険に加入される時は、補償される対象人物を把握される必要があります。

 

対人賠償の補償範囲を見ていきましょう。

 

事故を起こして、死亡させた場合には、被害者の遺族に対して賠償金が支払われます。

 

次に葬儀費用も保険会社が負担してくれます。

 

また、けがした時の交通費や通院費も補償してくれます。

 

通院や交通費は、領収書が必要になるかもしれませんので領収書は必ず保管しておくことをおすすめします。

 

対象人物については、配偶者には、保険が適用されません。

 

また、友達を連れてドライブに出かけて事故して友達が怪我や死亡した場合も補償対象には含まれないことをご承知ください。

 

なぜかと言いますと、被保険者の車に搭乗していることなので、補償外になります。

 

また、配偶者は保険金目当てでやってしまう事があるためそのための防止と考えてもらえばいいと思います。