自賠責保険

自賠責保険には、何が補償されるの?

自動車保険の自賠責保険では、以下のものが補償されます。

 

被害者の死亡、けが、重症な後遺症があった時に自賠責保険が適用され補償されます。

 

自賠責保険については、人身事故の補償のみになりますのでご注意ください。

 

自賠責保険は、被害者が直接保険会社に損害賠償ができることになっています。

 

どういったケースで、できるのかと言いますと相手側の対応が不誠実で示談が成立しない時が対象になります。

 

補償金の支払いがされる時、保険会社には利益はありません。

 

自賠責保険自体が加害者の救済措置として設立されたため保険会社には、利益が生まれることはありません。

 

次に仮渡金ですが、これは加害者が事故のけがによる治療費や入院費、手術代などを請求する事が出来ます。

 

なぜかと言いますと、賠償金の支払いに時間がかかるために前払いと言う形で先に治療費などの請求ができます。

 

こちらも支払金額は、決まっています。

 

金額は、死亡した時と怪我した時で異なります。

 

死亡の時には、290万円です。

 

けがの時には、けがの状況にもよりますが最低で5万円最高で40万円が怪我した時に支払いが行われます。

 

交通事故に被害者の過失が認められた場合その時は、減額されます。

 

また、自賠責保険の金額は、掛ける年数が多いほど保険料は安くなります。

 

また、無責事故は、自賠責保険の補償外になりますので、気を付けてください。

 

信号無視やカーブでスピードの出しすぎやわき見運転による追突などです。