自動車保険の補償

補償の種類について

自動車保険の補償の種類についてですが自賠責保険と任意保険の違いは、お分かり頂いたと思います。

 

まずは、自賠責保険の補償についてご説明します。

 

自賠責保険では、物損事故の場合は補償の対象にはなりません。

 

では、どういった時に補償がされるのか?

 

それは、人身事故が起きた場合にのみ自賠責保険は補償されます。

 

自賠責保険が補償される金額は、限られています。

 

1人に対して、最大で4千万円の金額が被害者に対して支払われます。

 

また、けがの場合は最大で120万円が支払われます。

 

死亡事故を起こすと最大で億単位の賠償金の請求が課せられます。

 

これでは、自賠責保険では補えないですよね。

 

では、次に任意保険の補償される種類を見てみましょう。

 

任意保険は、年齢、等級によって保険料金は異なります。

 

また、補償金額の範囲によって保険料金は変動します。

 

補償される内容は、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険者傷害保険、人身傷害補償保険、車両保険があります。

 

自賠責保険では、補償の対象になっていなかったものがあることは、お分かりだと思います。

 

また、任意保険は補償金額の上限が最大で無制限とあります。

 

無制限と言うことは、もし大きな事故を起こしたとしてもしっかり保険会社が補償してくれることになっています。

 

このように自賠責保険では、人身事故だけの補償ですが任意保険に加入することで補償の幅が広がり金額も自賠責保険みたいに縛られることはありません。