任意保険 自賠責保険

任意保険と自賠責保険の違い

別記事の説明で、自賠責保険の加入は必要だとお分かり頂いたと思います。

 

また、任意保険は、自賠責保険で支払うことができない部分の金額をまかなう事は以前の記事でご説明しました。

 

では、自賠責保険と任意保険の違いをご説明します。

 

まず、自賠責保険には上限金額が設定されています。最高で4千万円が保証されます。

 

最高金額が4千万円ということは、重大な過失事故を起こさない限り保証はされません。

 

また、自賠責保険には物損事故は保証の対象にはなりませんが任意保険では物損に対しての保証が効きます。

 

 

任意保険は、加入するのは自由ですがもし人身事故を起こしてしまうと億単位の損害賠償が発生します。

 

これでは、自賠責保険だけでは保証が効かないことはご理解いただけると思います。

 

そこで、任意保険に加入していれば保険会社が担ってくれます。

 

任意保険は、定額の金額ではなく最高金額が定められていません。

 

最高金額は、無制限と設定することができます。

 

また、任意保険は全ての事故に対して保険会社が保証してくれます。

 

次のケースは、自賠責保険では保証してくれませんので注意してください。

 

  • 対人賠償が自賠責保険の補償金額を超えたとき
  •  

  • 物損事故を起こしたとき
  •  

  • 運転者が怪我した場合
  •  

  • 自分のバイクが事故で壊れてしまった場合

 

このようなケースの場合、任意保険では保証してくれますが自賠責保険では保証してくれませんので注意してください。

 

自賠責保険だけでなく、任意保険にも加入しておくと何かあった時に頼りになります。